1. TOP
  2. エフェクター
  3. ベースエフェクター xotic Bass BB Preamp

ベースエフェクター xotic Bass BB Preamp

こんにちわ。 某プロベーシストのHです。
ハクロンさんに変わって今回も私が書かせていただきます。
ベースエフェクターについても書いてみようと思います。
今回は最近ボードに組み込んであるのもよく見かけるエキゾチックのBB preampです。
音を歪ませるタイプのエフェクターです

歪みとは

↓引用
「歪み」とは、元々はオーディオなどで音量が回路の限度を超えたりした時に音が潰れたようになる良くない状態を表すものなのですが、エレキギターの世界ではその歪みこそが心地よいサウンドとして扱われます。
その歪みを人工的に作ることができるのが「歪みエフェクター」です。
迫力のあるサウンドが作れますのでロックギターには欠かせません。

〜引用終わり。

BB preampはとにかく聴こえます

一般的にはギターのイメージですが、普段聴いてる音楽でもベースの音も大体歪んでいると思います。
ロック系はもちろん古いモータウンサウンドなんかも単品で聞くと歪んだりしてます。
これは聴覚上あまり分からなくてもベースも歪ませた方がオケとの混ざりが良くなったり、歌をしっかりと目立たせたりすることができるからです。

ベースを歪ませると低音が無くなったり音抜けが悪くなったりと弊害もあったりしますが、このBB preampは大丈夫です。
このエフェクター、とにかく聴こえます。
アンサンブルに埋もれたりということも無く、太い歪みをしっかりと客席まで届けることが出来ると思います。
不自然に抜けすぎるということもなくとにかくアンサンブル内でしっかりと音を鳴らしてくれます。
もちろんgainを上げていって飛び道具のような使い方も出来ますし、ソロの時だけオンにしてブースター的な使用も可能です。
ブースター的に使う場合もトゥルーバイパス仕様(リレー式?)なので音痩せも気にせずに使うことが出来ます。


xotic BB Preamp


お気に入りの使い方

私の特に気に入っている使い方は、エフェクターのgainの量をゼロにする方法です。
これをすることで、ほとんど歪まずに太い音が出るようになるので、踏みっぱなしにして名前の通りプリアンプ的に使うことが出来ます。




スポンサードリンク


コメントを書き込む

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。